合宿免許を利用して早く運転免許を取得するメリット

subpage01

合宿免許を利用する最大のメリットは、短期間で自動車の運転免許が取得できることです。

合宿免許に興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

多くの人が利用する普通自動車(AT)コースであれば、入校から卒業まで最短13日間で教習所を卒業することができます。

卒業日の翌日に地元の運転免許センターで実施される学科試験と適性試験をパスすれば、その日のうちに本免許証が交付されます。



合宿免許を利用すれば、自動車の運転の経験がなかったような人でも、約2週間後には高速道路で運転をすることができるようになります。



普通・準中型自動車または2輪車の運転免許には、「初心運転者期間制度」が定められています。


運転免許を取得してから1年以内の初心運転者期間に限り、交通違反をすると厳しく処分されます。

この期間中に違反点数が3点に達してしまった場合に、「初心運転者講習」を受講しなければ免許が取り消されてしまいます。

違反点数が3点に達して初心運転者講習を受講した後に再び違反点数が3点に達してしまった場合、再試験に合格しなければ免許が取り消されます。
スピード違反や駐車禁止で2〜3回検挙されるだけでも、違反点数が3点を超えてしまいます。
初めて運転免許を取得した場合に、初心運転者期間を過ぎて「本期間」に入ってから自動車の運転をするのを避ける方が賢明です。


通学教習を利用すると、順調に教習を進めることができても卒業までに1〜2ヶ月の期間を要します。


合宿免許を利用すれば通学教習よりも1ヶ月かそれ以上早く運転免許を取得することが可能なので、早く本期間に入ることができます。
初心運転者期間に3点以上の交通違反をすると厳しく処分されることを考慮すれば、免許の取得後にすぐに自動車の運転をする予定がなくても、合宿免許を利用して1日でも早く運転免許を取得した方がお得です。