合宿免許参加時は「暇つぶしの方法」を準備すると良い

subpage01

世の中にある「暇つぶしの方法」と呼べるものは、たとえば「トランプ」「花札」といったカードゲームから、「オセロ」「将棋」「囲碁」「すごろく」などのボードゲーム、果ては「会話をする」といった半ば強引な方法までさまざまなものがあります。

要するに、その人がストレスなく時間を消費することができる方法であれば何でも良いわけですが、合宿免許中は「コミュニケーションがとりやすい方法」を優先した方が賢明です。

合宿免許情報は初心者にも分かりやすいです。

利用する環境にもよりますが、基本的に合宿免許は約二週間にわたって缶詰め状態になります。



この間は、参加者同士がコミュニケーションをとる機会が非常に多くあるため、暇つぶしの方法の多くが「他の参加者とともに過ごす」というものになります。
もちろん、一人で過ごしたいという場合にはそうすることも可能ですが、極端な性格でなければある程度のコミュニケーションをとることを前提に考えていた方がメリットが期待できます。合宿免許には、利用するだけで「料金が安い」「卒業までが短い」といったメリットを享受できます。ただ、それだけではこれほどまでに合宿免許人気が高まっている理由の半分ほどしか享受することができていません。

実は、これほどまでに合宿免許が人気となっている理由の一つに「出会いがある」というものがあります。



同性、異性を問わず、さらには年代や職業も問わず多くの人と出会えるきっかけを得られるということが評価されているわけです。