運転免許を再取得するために合宿免許を活用する方法

subpage01

初めて自動車の運転免許を取得する若い人の間で、合宿免許が人気を集めています。
短期間かつ格安料金で教習所を卒業することができるので、2〜3週間程度のまとまった時間が取れる方であれば、通学教習よりも合宿免許がおすすめです。

初めて運転免許を取得する人以外に、再取得を目指す場合にも合宿免許を活用することができます。

合宿免許の最新情報を掲載しています。

運転免許証が失効してしまう場合として、6ヶ月以上運転免許の更新を忘れてしまったケースや、交通違反で免許の取り消し処分を受けたようなケースが考えられます。
いずれの場合でも、合宿免許に参加することで本免許証を再取得することが可能です。

免許の更新を忘れて有効期間を6ヶ月以上経過してしまうと、1年以内に限り仮運転免許証が交付されます。



仮免許を取得している場合には、路上教習からスタートする仮免コースの合宿プランを実施している教習所がおすすめです。



運転免許の取り消し処分を受けた場合には、2日間にわたり実施される「取消処分者講習」を受講して、欠格期間を過ぎていれば教習所に入校することができます。


取消処分者講習の終了証書は有効期限が1年なので、欠格期間が満了する1年以内に講習を受ける必要があります。
合宿免許は短期間で運転免許を取得することができるので、仕事やプライベートでどうしても自動車の運転ができないと困る方におすすめです。

社会人向けの合宿プランでは一定回数以上の補習・再検定を受けると追加料金が必要な場合があります。

それでも運転免許を取得した経験があれば基本的な運転技術が身に付いているはずなので、何度も検定不合格になるようなケースは稀です。